本文へ移動

スタッフブログ

「家づくり」ストーリー

2019-12-04
vol.2 JWOOD工法の家とは
末長く、安心して住むためのJWOOD工法

こんにちは。後藤建築の伊藤です。いよいよ師走。忙しい時期がやってきましたが、

皆さまいかがお過ごしですか。前回(vol.1お施主さまが弊社と結びつくまで「土地探し」

そしてネット検索「鉄より丈夫な木」)でご紹介した施主さま家づくりのつづきです。

 

施主さまは30歳代のご夫妻。ご主人は会社員、奥さまは看護師。

お子さんは5歳と2歳の女の子お二人です。

土地探しから弊社がお手伝いをして、愛知県東郷町で新居を構えられました。

その家づくりの重要なキーワードが、ご主人がネット検索された

「鉄より丈夫な木」。そしてめぐり合ったのが「JWOOD工法」です。

今回はこのJWOOD工法の特徴を中心にお話します。

 

JWOOD工法は、「JWOOD構造用LVL」という建材を使った工法のこと

(ちなみにJWOODの読み方はジェイウッド)。

JWOOD構造用LVLは、植林して育林、伐採、そしてまた植林と30年を1サイクルとした

循環型の森林経営から生まれた地球にやさしい建材。厚さ約4mmに加工した木材を

含水率8%にまで乾燥させて、積層・圧着してつくられているため、乾燥による

反りや割れなどがなく、集成材に比べて強度も高いなど多くのメリットがあります。

このJWOOD構造用LVLと専用金物を組み合わせた「JWOOD工法」の家は、

JWOOD構造用LVLの良さを最大限に発揮した家といえます。

その特徴を、シンプルに説明しますと、

(1)激しい揺れから暮らしを守る「地震に強い家」

(2)7095年の耐久性を持つ「長持ちする家」

  (防蟻、防腐性能を重視したJWOOD EX仕様)

(3)寸法の安定性に優れ隙間をつくらず断熱性に優れた「省エネや創エネに最適な家」。

つまり、末長く安心して暮らすことができ、地球にもやさしいエコな家、なのです。

 

さて、気になるのは費用の面ですが、JWOOD工法の家はベタ基礎でできるため安価。

工期が短いのも特徴です。省令準耐火仕様であるため火災保険と地震保険の大幅割引の

適用対象にもなり、保険料もかなり安くすみ、計算をご提示しますとお施主さまはびっくり

されます(計算で見落としがちな点です!)。

後藤建築での家づくりはワンストップサービスで、土地探しから保険、補助金のご提案まで、

お施主さまのご希望に寄り添いながらきめ細かくサポートしたい!と日夜努力しております。

 

そして・・・もう一つ!後藤建築ならではのサービス?をアピールさせてください。じつは弊社の後藤社長は

「木工」が趣味。倉庫に多数保管しているケヤキやヒノキ材を使って、テーブルやテレビ台など

さまざまな木工品を製作しています。社長いわく「お客さまへ趣味のおしつけ」なのですが、

新居に似合うダイニングテーブルなどをプレゼントしています。

社員の私が言うのもなんですが、これがなかなか良い感じで、お施主さまにとても喜んでいただいています。

高台に建つこの新居にも、家の雰囲気に似合う素敵な木工家具が加わるはず。ご家族の暮らしと一緒に、

年月をかけていい味を醸し出してくれますように!

株式会社後藤建築
〒444-2145
愛知県岡崎市東蔵前2丁目17-4
F.D:0120-821-510
TEL.0564-66-8055
FAX.0564-45-8113

<営業時間>
月曜日~土曜日
AM 9:00~PM 5:00
<総合建築業>
・新築一戸建て
・住まいリフォーム
・外構、エクステリア
・水廻り
・外壁塗装(ガイナ塗装)
・外壁リフォーム
・太陽光発電
・ZEH

<対応地域>
【愛知県】 安城市、岡崎市、刈谷市、高浜市、豊田市、西尾市、碧南市、一色町、吉良町、幸田町、幡豆町、三好町
※その他の地域の方もお気軽にお問い合わせ下さい。
TOPへ戻る